Cultivating

「境界線を深耕する」
というアプローチ

OUR APPROACH

Vannは様々なプロジェクトを通じて
社会に新たな「問い」を立て、理想と現実、
実際と想像、対立する二項の「境界線を耕す」ことで、
新しい選択肢やアンチテーゼを提示します。

旧来型のスタンダードやシステム、固定概念、
こうあるべきという同調圧力で凝り固まる世の中を、
もっと柔らかく、心地よくします。

柔らかく、心地よく

人々の相互理解がないと、
固定概念や「こうであるべき」といった風潮が強まります。
そんな世の中はマイノリティ(少数派)にとって苦しく、
誰もが幸せな社会を築くことはできません。

Vannは人々が対立を好まず、柔軟で、様々な考えに対して寛容な、
「柔らかく、心地よい」世の中を望みます。

「深耕」は
問いからはじまる

Vannは世の中の常識や、社会に組み込まれた既存のシステム、
多くの人が支持するスタンダードに対して問いを立てます。

問いを立てることで二項の境界線を見極め、
その境界線を深耕することで新しい選択肢やアンチテーゼを提示しつづけます。

境界線を曖昧にする

この世の全てが完全に調和することはないでしょう。
むしろ完全に調和せず、互いの世界が違うから素晴らしい。
それぞれの知覚世界が存在するから、私たちは違いに気づき、新たな発見を楽しむことができるのです。

Vannは境界線を深耕しつづけますが、なくそうとしているわけではありません。
境界線を曖昧にして、お互いがお互いに目を向け、すこしでも尊重することができるように。

Vannは「世の中を柔らかく、心地よく」します。

PROJECTS

社会への「問いかけ」に対してプロジェクトを発足。
仮説を立て、耕す境界線を明確にしながら「答え」を編んでいきます。

contact

「世の中を柔らかく、心地よく」という想いに共感してくださる事業主さまや、
一緒に境界線を深耕していくメンバーを募集しております。
お気軽にお問い合わせください。