VANN MAGAZINE

Vann Inc. 2021年のインタビュー記事をまとめました。

Vann Inc. 2021年のインタビュー記事をまとめました。

今年も残りわずか。「2020年のインタビュー記事まとめ」につづき、2021年ver.もまとめてみたいと思います。

※Vannのインタビュー企画・制作は主にイルグルム社の「ARCC(アーク)」と、SUPER STUDIO社のecforce導入事例で行いました。

ARCC:データも、未来も見通しよく。

“30日・90日・120日”で測る短期LTVとは?躍進するビタブリッドジャパンのデータ活用、立役者が語るデータの可能性と難しさ。

HENNGE(ヘンゲ)が考える全7ステージ。分断されがちなマーケからセールスまでをシームレスにする挑戦。

「UDSSAS」の起点=UGCを生み出す方法とは?ホットリンク・朝山さんが語るInstagramの今後とSNSの呪縛。

「日本も店舗が増える可能性はあります」。デジタル消費の専門家が語る店舗の変化と未来予測を紐解く。

「人と機械の協業」が意味するところ。データサイエンスの研究者が語る“人がやるべきこと”の真意とは?

メジャーよりもインディーズ?D2Cブランドが熱狂的なファンを生むために必要なこと。

「コンテンツよりもコンテクスト(文脈)」。ていねい通販が考えるCRMの本質とは?

「感情を動かし、記憶に残す」。ベイジ・枌谷さんが語るコンテンツづくりのヒントとは?

未来の小売の先駆者?FABRIC TOKYOが実践するOMO、そしてRaaSを紐解く。

『イケウチな人たち。』ローンチから2年の今、牟田口さんがブランドづくりで大切にする3つのこと。

『人は悪魔に熱狂する』著者が語る。データに踊らされずに顧客インサイトと向き合う方法とは?

運用開始9ヶ月でTwitterフォロワー1万人突破。CINC執行役員の戦略的なTwitter運用ノウハウとは?

大事なのは「顔の見える1人」。ad:tech(アドテック)初のハイブリッド開催に至る軌跡を辿る。

マーケティングトレース誕生の背景、想い、苦労に迫る。「良い模倣の条件は3つあります」

「Ring Again」の舞台裏。DeNA西村マサヤの「マーケティング思考」と2つのフレームに迫る。

稀代のマーケターがSmartDriveにもたらした3つの変化とは?「モビリティ業界の進化を後押ししたい」

ecforce導入インタビュー

 

 

 

 

2022年を振り返って

振り返ると2021年は公開しているインタビューで合計24本。未公開のものも含めると30本ほどをVannで担当させていただきました。従来は私が1人で一気通貫で行っていた制作も、昨今はカメラマン・編集のメンバーが加わり3名体制で作ることが多くなったのも、(Vannにとっては)今年の特筆すべきことだったりします。

兎にも角にも、今年もインタビューを通じて本当に多くの方々とお会いすることができました。仕事であるのは大前提として、ご縁がつながることに感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思います。それでは、すこし早いのですが、今年もありがとうございました。

Vannについて

Vannは「境界線を深耕する」会社です。
デジタルマーケティングの知見とコンテンツ企画力をかけ合わせ、
クライアントの事業やブランドの支援を行っています。

全体戦略立案やPR・デジタルマーケティング支援。
メディア運用・編集・ライティング・SEO、
インタビューを基軸としたコンテンツ企画etc.

認知形成〜顧客創出を一気通貫で担い、
人々の理解の境界線を深耕することで、
事業やブランドを世の中へと浸透させていきます。

VannのWorksページ

 

 

contact

全体戦略立案やPR・デジタルマーケティング支援。
メディア運用・編集・ライティング・SEO、インタビューを基軸としたコンテンツ企画etc.
事業やブランドの認知形成〜顧客創出でお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。